Archi & Technologies

Project Delivery Systems

BIMテクノロジをプロセスの全局面で活用して、常に一貫したプロジェクトの情報をリアルタイムに可視化、共有できる環境が統合されたシステムを構築。設計者、施工者、お施主様など、建築プロジェクトにかかわるチームが初期の段階から協力し、最適な建物を建てるという共有目的の下、最も有効な決定を共同で下すことを可能にします。

フロントローディング

フロントローディングとは、設計の初期段階に負荷をかけ、作業を前倒しで進めることを言います。BIMを導入しフロントローディングを行うと、設計図の不整合、未決定部分、コストアップ、工期の遅れ、品質低下等あらゆる問題が排除されていきます。

Archi&Technologiesでは、初期段階に3次元住宅建築モデルと必要な属性情報の作り込みを行い、情報を活用したシミュレーションや検証を行うワークフローをProject Delivery Systemsとして確立。これにより、設計変更による手戻り作業を減らしたりコストアップとなる要因を排除し、スケジュールの長期化や無駄なコストの発生を事前に防いでいます。

IPD

IPDとは、建築家、エンジニア、請負業者、施主など、建築プロジェクトにかかわるチームが初期の段階から協力し、最適な建物を建てるという共有目的の下、最も有効な決定を共同で下すことを可能にする協業形態を言います。

Archi&Technologiesでは、プロセスの全局面でBIMを活用し、プロジェクト情報をリアルタイムに可視化、共有できるProject Delivery Systemsを構築しています。お施主様、設計者と施工者が協調体制のもと、コミュニケーションを図りながら良い住宅をつくる目標に向かってプロジェクトを進めています。

見積もり、工程各種システム統合

Project Delivery Systemsとは、BIMを活用し、フロントローディングやIPDを実践するためにArchi&Technologiesが構築、運用しているシステムです。そこには、見積もりや工程各種の業務フローも統合されています。

プロジェクト推進の必要なフェーズでデザインや性能を可視化することで、お施主様を含めたプロジェクトチーム間の合意形成の迅速化を図り、チームが初期の段階から協力し、最適な建物を建てるという目標に注力していくことが可能です。