Archi & Technologies

VR ARCHITECTS SYSTEM

ビジュアライゼーションの革新は急速に進んでいます。お施主様やプロジェクト関係者は3Dモデルと没入型ビジュアライゼーションの間を簡単に移動できるようになりました。施工を開始する前に、新しい設計案を試したり、決定を検証したり、設計を修正できます。

Archi&Technologiesでは、VR Architects Systemを各フェーズで活用し、フロントーディングやIPDの実践を行なっています。

VR Architects System

VR Architects Systemとは、フリーダムアーキテクツが提供しているAutodesk社が提供するBIMソフトウェア「REVIT®」、クラウドサービス、3Dゲームエンジン、さらにVRヘッドマウントディスプレイ「HTC Vive」を連携させ、3Dで作成した設計段階の家を、VRを使い自由に歩くことができるシステムです。

Archi&Technologiesでは、VR Architects Systemを各フェーズで活用し、フロントーディングやIPDの実践を行なっています。

没入型ビジュアライゼーション VR AR MR

技術革新による新しいビジュアライゼーションツールのおかげで、建築設計者やプロジェクト関係者は施工前に竣工後の建物を体験できるようになりました。

Archi&Technologiesでは、各種ビジュアライゼーションツールを各フェーズで使い分けています。VRは、没入型の非常にリアルな体験が可能な一方で、没入型ビジュアライゼーションは、特殊なHMDは必要ありません。PCの画面やiPad上で自分自身の経路を選択し、建物内を移動したり、あらゆる視点や角度で観察できます。チームがその場で一緒に共有もできます。今後、ARやMRも視野に入れ展開していきます。

各種ビジュアライゼーションスタジオ

Archi&Technologiesでは、急速に進んでいるビジュアライゼーションの革新をいち早く取り入れ、リアルなスタジオでお施主様にサービスを展開しています。新しいテクノロジーを住宅づくりのプロセスに組み込むことにより、絶え間なく進化するお施主様の要望に応えようとしています。

現在、日本橋、渋谷、立川、湘南藤沢、大宮、名古屋にビジュアライゼーションスタジオを設置し、今後も随時拠点を増やしていく計画です。そこでは、VR Architects Systemやフリーダムアーキテクツ制作のお住まいづくりを深掘りできるコンテンツの体感が可能です。